音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

    

ラッパーの引退宣言、もはや休止ですらなくなる

20210821

 ロジック(Logic)の新作です。ロジックって引退したんじゃないのって、本当にそうですよね。絶対に戻ってくるとは思ってましたけれども、早い。

  参考)、ロジック(Logic)に学ぶポジティブで明るい引退

 引退したのが去年の7月で戻ってきたのが今年の8月で、その間に結構いろいろな作品を作っていて、引退どころか休止にもなってないじゃないかよと、でもファンにとってみればうれしいです。「Bobby Tarantino III」という作品を出してくれて、これは力の入った作品で12曲入っていていいんですよ。1曲目は「俺は戻ってきたぜ」っていう曲、そして2曲目は「戻ってきたことをガタガタ言うヤツは許さん」みたいな「何が悪い」っていうvaccineっていう曲で、そして3曲目がGet Upっていう「でも頑張ってやるぜ」っていうこの頭の三曲がすごいのですけれども、そのうちの「戻ってきたぜ」というIntrollとGet Upを二曲続けて聞いてください。




 彼自身が言っておりますように、自分は音楽を作ることが嫌になったんじゃなくて、結局業界が嫌だったんだなぁと。本来的に自分の表現としてのアウトプットはしっかり作っていかないとやっぱり駄目なんだという実感は彼の中にあるのではないのでしょうか。「Bobby Tarantino III」ということで、みなさんもご存じのように2016年の「「Bobby Tarantino」から始まっている連作シリーズで、これがきっと最終章なんでしょうけれども、そういうような形の位置づけの作品で、新しいキャリアのスタートをちゃんと作ったというのも、やっぱり今までの中から陸続きの作品活動が自分の中では続いているという、そういうようなメッセージでもあるんじゃなかなぁという気がします。続いて聞く曲がGod Might Judgeという曲なんですけれども、これはもう女性賛歌というか、女性に対するリスペクトで、神様は君をジャッジするかもしれないけれども、僕は君のために何でもやるぜっていうそういうロジックのナンバーでございます。


 ロジックが帰ってきましたけれども、帰ってきたといっても1年ですからね。普通に割と短いインターバルで新作が発表されましたって言ってもいいのかもしれませんが、でも最高です。ロジックも自分の人種的なアイデンティティーの獲得という意味ですごく悩んだ人です。父親が黒人、母親が白人、そしてヒップホップをやる時に「お前は黒人でもないのに何でこういうのをやるんだ」と言われつつも、でも俺のこのスキルと音楽をどう思うんだという所で戦いながら、本当に現在の地位を獲得してきたロジック。今度の作品もすばらしいです。

アメリカでは大人気なのにウィキペディアの日本語版すらないステファニー・ミルズ(Stephanie Mills)

松尾潔のメロウな夜_20200803

 ステファニー・ミルズこそ80年代大活躍した女性なんですよね。数字で申し上げますと、ビルボードで80年代の10年間を通してR&Bマーケットの売り上げが数字で出ているのですが、女性シンガーとして第一位なのがアレサ・フランクリン(Aretha Franklin)。これは納得の数字ですが、第二位がステファニー・ミルズなんですよね。そして第三位にダイアナ・ロス(Diana Ross)を従えているという。これを考えますと、ウィキペディアの日本語版にも掲載されていないステファニー・ミルズの現地と日本での人気格差というのが想像いただけるのではないかと思います。僕もアメリカのフェスで見ていますけれども、格別な人気ですよ。エッセンス(Essence)で見たときですかね。彼女が出てくると地響きですよ。それくらい存在として、けた違いの人気の人なんですけれどもね。1957年にブルックリンで生まれた彼女は、66年のブロードウェイでデビューしています。まだ9歳の時ですよ。そして75年にはThe Wizのドロシー(Dorothy)の役を演じまして、これが当たり役になりました。このThe Wizというのは大ヒットして、78年には映画版が作られました。その映画版でドロシー役を演じていたのがダイアナ・ロスというのがなんとも象徴的でしょ。そのダイアナ・ロスとともにマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)も出演していましたし、音楽監督はクインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)ということで日本では映画版の方が大変有名ですが、ステファニーにとってはThe Wizは、とりわけドロシーの役は私の当たり役という思い入れが強いのは当然のことでございます。1989年、30代になってからこのThe Wizの曲(Home)をレコーディングして作品化して、堂々のR&Bナンバーワンヒットにしております。その時のコーラスを担当したのがテイク6 (Take 6)というのもいい話ですね。How Come U Don't Call Me Anymore?というのはその1年前、1982年にプリンス(Prince)がヒットさせた1999というシングルのカップリング曲でした。それを目ざとく翌年にカバーしたというチーム・ステファニーの目利き力。ですが2001年にアリシア・キーズ(Alicia Keys)がこの曲をカバーする時に、ステファニー・ミルズが取りざたされることはあまりなかったかなという気がして、そのあたりも彼女のファンとしてはちょっと悔しいと、そんな思いもありました。

ジャクソン・ブラウン(Jackson Browne)、齢72歳にしてまだ青臭い

20210807

 ジャクソン・ブラウンは言うまでもなくアメリカを代表するシンガーソングライター。ブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)だとかニール・ヤング(Neil Young)だとかそういうアーティストと同じくレジェンドの粋に達しているアーティストでございます。1948年生れ。僕より3つ上で現在72歳というその年齢でも、これだけのすばらしい力強い作品を出してくれているというのはすごいなと思います。アルバムの一曲目をこれからかけるんですけれども、Still Looking for Something、72歳のシンガーが、でも僕は何かを探し求めているんだという曲からアルバムを始めているというのはすごいなと思います。

 私は今も何かを探し求めている
 街の中で街灯に照らされて
 私は夜の中今でも何かを探し求めている
 何かをあきらめてしまったかもしれない
 何かを捨てなきゃ手に入らないものだってあるんだ
 どんなものでも明かりにかざしてみる事ができる
 自由しか見つけられないとしたんだったら
 それはそれでいいじゃないか
 うんと小さい時から分かっていた事
 この世は尖っていてもいつかは丸く削られていく
 あなたの夢は足元の削りカスの山
 私はどっかり落ち着いてしまったりしないよう最善を尽くそう
 その時試されるのは私の気概
 選択の自由を手放したくない
 たとえ願いだけで終わるとしても



 このアルバムは半分以上がすでに既発表曲なんですけれでも、これは新曲ですけれども、きっちりと書き溜められたナンバーが72歳という年齢の中で作られているのはすごく励まされます。続いてStill Looking for Somethingの次に聞く曲は、Until Justice Is Real。青臭いといえばこれほど青臭いタイトルはなくて、正義が実現するまでというそういうタイトルで、ジャクソン・ブラウンは活動家としてもよく知られていて、まさに彼自身の信念、72歳にしてこれだけ青臭いことをこれだけリアルにきっちり歌えるというそんなナンバーを聞いていこうと思います。

 あなたのテレビで流れたりはしないし
 あなたの電話で知らされることもない
 真実を知りたかったら自分で見つけるしかない
 そう簡単には見つけ出せないかもしれない
 自由の国では真実はタダではない
 タダでは見つけ出せないんだ
 自分自身に問いかけるのが一番だ
 いい生活って何?
 豊かさって何?
 私が見ようとしているのはどんな未来
 その未来のために私にできる事は
 流れ続ける時時は川のよう
 時は走り去る列車のよう
 時は日ごと解けていくヒューズのよう
 デモクラシーって何?
 いったいどうなっているのか?
 どんな風に見える?
 いったいどんな感じ?
 一生懸命努力して正義が実現するまで踏ん張り続ける
 正義が実現するまで




記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ