音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)の息子レノン(Lennon)くん、父親を継承せずに典型的なアートスクール学生ノリのバンドをやる

20210717

児島由紀子「リアム・ギャラガーさんの長男でレノン・ギャラガーがいたのを覚えていますか。」

渋谷陽一「すごくルックスがよくてモデルやってる人。」

児島「そうそう。お母さんがパッツィ・ケンジット(Patsy Kensit)で。初期の頃は音楽よりも俳優になりたいと言っていたんですけれども、ついにお父さんに続いて音楽の道に入る事になったんですよ。」

渋谷「ありがちな話ですね。」

児島「学校の友達と一緒に始めたらしいんですね。今4人編成のオートモーション(Automotion)という名前のバンドで、始めての音源をリリースしたばかりなんですけれども。」

渋谷「オアシス(Oasisi)っぽい音を予想していたら、全然真逆でビックリしちゃいました。」

児島「私は2年くらい前にリアムにインタビューしたときに、このバンドの話をすでに聞いていたんですけれども、どんな音なんですかって聞いたら、俺とは全然趣味が違うって。アバンギャルドな音が好きだって言っていました。」

渋谷「ロバート・フリップ(Robert Fripp)とかジョン・ケージ(John Cage)が好きって。」

児島「カン(Can)とかノイ!(NEU!)とか、典型的なアートスクール出身のバンドという感じがしますね。メンバー2人ともまだアートスクールに在学中だそうです。」

渋谷「学生なんだ。それを聞いて本当に学生っぽいなぁという感じがします。」

児島「それでついにEPをリリースしたのですけれども、以前この番組でもU2のボノ(Bono)の息子のバンドをご紹介したじゃないですか。彼等の場合はすごく素直にU2の初期のサウンドをやっていましたが、リアムの息子はまさに真逆という。」

 参考)、ボノの息子、素直

渋谷「ただお父さんに反発というよりは、これが好きなんでしょうね。」

児島「たぶんそういう面も大きいと思いますよ。リアムのもう一人の息子にジーン(Gene)というのがいるんですけれども、その子も自分で歌とか曲をSNSに投稿しているんですけれども、そちらはもっとストレートなロックンロールですよ。」

渋谷「そっちの方が人気が出そうだな。」

児島「声の質もジーンの方がリアムに近い。だからたぶんそういう方向に行くんだろうと思いますね。」

渋谷「でもレノンくんも頑張っているのですけれども、イギリスでの期待感はどれぐらいのものなんでしょう。」

児島「やっぱりリアムの息子だっていうのは避けられないですよね。興味津々っていう感じですよ。今のところは、おー意外とアートロックなだという感じでみんな見守っているという感じです。」

渋谷「じゃあ、評価、人気というレベルではなく、これからの様子を見ているという感じなんですね。」

児島「そうですよ。まだアルバムの予定も考えていない感じです。」

渋谷「しかし、ロバート・フリップが好きというのもなんとなく意外な感じですけれども、本当に好きなんですね。」

児島「そうなんですよ。しかも、デビューアルバムのプロデューサーは誰が希望って聞いたら、ブライアン・イーノ(Brian Eno)だって言っていました。そうなったらまさに夢だけれどもねって。」

渋谷「じゃあ、これからも注目していきたいと思います。Auto 3。」


Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ