音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ラッパーの引退宣言、もはや休止ですらなくなる

20210821

 ロジック(Logic)の新作です。ロジックって引退したんじゃないのって、本当にそうですよね。絶対に戻ってくるとは思ってましたけれども、早い。

  参考)、ロジック(Logic)に学ぶポジティブで明るい引退

 引退したのが去年の7月で戻ってきたのが今年の8月で、その間に結構いろいろな作品を作っていて、引退どころか休止にもなってないじゃないかよと、でもファンにとってみればうれしいです。「Bobby Tarantino III」という作品を出してくれて、これは力の入った作品で12曲入っていていいんですよ。1曲目は「俺は戻ってきたぜ」っていう曲、そして2曲目は「戻ってきたことをガタガタ言うヤツは許さん」みたいな「何が悪い」っていうvaccineっていう曲で、そして3曲目がGet Upっていう「でも頑張ってやるぜ」っていうこの頭の三曲がすごいのですけれども、そのうちの「戻ってきたぜ」というIntrollとGet Upを二曲続けて聞いてください。




 彼自身が言っておりますように、自分は音楽を作ることが嫌になったんじゃなくて、結局業界が嫌だったんだなぁと。本来的に自分の表現としてのアウトプットはしっかり作っていかないとやっぱり駄目なんだという実感は彼の中にあるのではないのでしょうか。「Bobby Tarantino III」ということで、みなさんもご存じのように2016年の「「Bobby Tarantino」から始まっている連作シリーズで、これがきっと最終章なんでしょうけれども、そういうような形の位置づけの作品で、新しいキャリアのスタートをちゃんと作ったというのも、やっぱり今までの中から陸続きの作品活動が自分の中では続いているという、そういうようなメッセージでもあるんじゃなかなぁという気がします。続いて聞く曲がGod Might Judgeという曲なんですけれども、これはもう女性賛歌というか、女性に対するリスペクトで、神様は君をジャッジするかもしれないけれども、僕は君のために何でもやるぜっていうそういうロジックのナンバーでございます。


 ロジックが帰ってきましたけれども、帰ってきたといっても1年ですからね。普通に割と短いインターバルで新作が発表されましたって言ってもいいのかもしれませんが、でも最高です。ロジックも自分の人種的なアイデンティティーの獲得という意味ですごく悩んだ人です。父親が黒人、母親が白人、そしてヒップホップをやる時に「お前は黒人でもないのに何でこういうのをやるんだ」と言われつつも、でも俺のこのスキルと音楽をどう思うんだという所で戦いながら、本当に現在の地位を獲得してきたロジック。今度の作品もすばらしいです。

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ