音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

スコーピオンズ(Scorpions)と日本のつながり

 今回は、「今日は一日へードロック/ヘビーメタル三昧Ⅴ」からスコーピオンズをまとめます。解説は伊藤政則氏です。

1、日本への紹介

 ・渋谷陽一がスコーピオンズの「復讐の蠍団 イン・トランス - In Trance」をラジオでかけたのが日本で最初の紹介である。楽曲をかけた後のハガキの反応がすごく、その後口コミでどんどん日本でのスコーピオンズ人気が広がっていった。最初、プロモーターがスコーピオンズに来日公演を持ちかけたときは、ドイツのローカルバンドに過ぎなかったスコーピオンズの本人達がビックリした。

2、荒城の月のカバー

 ・スコーピオンズのBorn To Touch Your Feelingsのエンディングには、女性の声で日本語、英語、ドイツ語で台詞がはいっている。当時のスコーピオンズはドイツのローカルバンドでありイギリスやアメリカでの成功を手にしていない時期であったが、日本で人気があると聞いたので楽曲に日本語を入れたと思われる。



 そして、初来日が1978年に決まった時に、スコーピオンズ側から日本の楽曲を歌いたいと日本側のファンクラブに手紙がきた。当時のファンクラブの人がスコーピオンズの音楽のコード進行とかをすべて調べて行き着いたのが荒城の月であった。譜面とカセットテープを送り、スコーピオンズがそれをドイツで練習してきて初来日時に演奏され、それが初来日公演のライブアルバムである「蠍団爆発!!スコーピオンズ・ライヴ - Tokyo Tapes」にも収録された。そして、スコーピオンズはこのTokyo Tapesがヒットしたおかげで世界中に知られるようになる。たとえば、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)はこのアルバムを聞いてCatch Your Trainをカバーしていた。また、スコーピオンズはその後も、荒城の月を日本以外の公演でも演奏している。

 

 
cf.「花の宴」の「え」はシャープしている

  ・滝廉太郎が最初作った時、「花の宴」の「え」がシャープしていました。しかし、日本人は半音の音をとるのが難しいので、誰も歌ってくれません。そこで、「え」が半音ではなくみんなが歌いやすいように変えてしまって、原作者もやむを得ず歌いやすい方にした、という秘話があります。

 参考)、日本ポップス伝(3) 唱歌をもとにして流行歌が生まれていった

  ローリー寺西氏がこの動画の10分あたりで指摘されていますが、スコーピオンズは原曲の半音バージョンで弾いています。スコーピオンズに渡されたテープはどういうバージョンだったのでしょうか。


 
3、Big City Nights誕生秘話

 ・スコーピオンズが二度目の日本公演の時に赤坂あたりのディスコで夜遊びをして帰ってきた時に、ホテルの窓を開けてみたら東京の街のネオンがドイツでは見たことのないキレイな景観であったので作った曲である。


スコーピオンズ(Scorpions)からボン・ジョヴィ(Bon Jovi)へ

20161229 メタルゴッドJP 2016より伊藤政則氏です。

 スコーピオンズのデラックス・エディションが発売されて驚いたのは、各アルバムにライブだとか当時の未発表音源が入っている中に、「Love at First Sting」という1984年に発表された一番売れたアルバム、Rock You Like a Hurricaneとかが入っている、このアルバムのボーナスCDに1984年6月7日のニューヨークのマジソンスクウェアーガーデンの音源が入っているんですよ。これは僕がみたコンサートで、この時のサポートが無名時代のボン・ジョヴィ。ボン・ジョヴィはこのスコーピオンズとのツアーで勉強をして、スコーピオンズからツアーのやり方などいろいろなことを教えてもらい、そしてこのツアーが終わってしばらくすると、スコーピオンズのギターだとかいろいろなテクニシャンのクルーが、今度はボン・ジョヴィのツアーに参加するようになって、彼らは黄金時代を迎えていくという。つまり、スコーピオンズからボン・ジョヴィへのきっちりとバトン渡しとなったプロローグが行われたコンサートなんですよ。スコーピオンズのプロデューサーだったDieter Dierksが、初期のスコーピオンズの原盤を管理していて、今回50周年ということで自分のレコーディングスタジオを精査して、マスターテープなどをきっちりと管理していて、今回はDieter Dierksの監修のもとに出したのが今回のデラックス・エディションです。

北欧はなぜメタルが盛んなのか?

20161229 メタルゴッドJP 2016より伊藤政則氏です。

 北欧はメタルが盛んといっても1980年代からなんだよね。初期は北欧はもともとスウェーデンのヨーロッパ(EUROPE)、それからアメリカにわたって成功したイングヴェイ・マルムスティーン(Yngwie Malmsteen)。スウェーデンはシン・リジィ (Thin Lizzy)だとかブリティッシュハードロックの受け皿になって、イギリスのバンドがよくスウェーデンツアーをやっていたんですよ。だからスウェーデンにはそういうバンドを応援する世代がずっと続いていて、だからヨーロッパ(EUROPE)を結成した時もジョーイ・テンペスト(Joey Tempest)はイギリスまでわざわざシン・リジィのライブを見に行ってたということを言っているので、そういう精神性を受け継いでいるということがあるのね。それと1980年代後半から1990年代にかけて、フィンランドのバンドがずいぶん躍進してくるんだけれども、チルドレン・オブ・ボドム(Children Of Bodom)だとかストラトヴァリウス (Stratovarius)だとか。フィンランドはフィンランドの方が言っていたんですけれども、資源がそんなにある国ではない。だからフィンランドは人材を育てて世界に送り出したいと、そういう考え方を打ち出してきたのね。人材を送り出すとはどういうことかというと、音楽学校だとかそういう所で若い世代のアーティストを育てるということをきっちりやるのね。だから若手のミュージシャン達が音楽を学んで、バンドを組み、世の中に出ていくと。そういうシステムが出来上がっているのね。フィンランド政府はフィンランドの音楽を例えば日本に送り出そうとして、政府がフィンランドのミュージックフェアーみたいなのに資金を出して、無名のメタルバンドが日本でショーケースギグをやったり、そういうこともやっているんですよ。フィンランドから若いバンドが次々と出てくる理由はこういう背景もあるんですね。ノルウェーはスウェーデン、フィンランド、デンマークとは若干違うんですけれども、ノルウェーの音楽は極端なものが多くて、すごくAOR的なものからブラックメタルみたいなものまで。それは土地柄として北欧の冬というものを音楽の中にうつしだして、そして人間の心の闇みたいなものを音楽で表現するのはノルウェーはとっても上手なんだよね。そういうものが世界的に注目される理由となったのは、ノルウェーの連中の、面白半分でやったんだろうけれども、北欧の冬、そして人間の闇という。やっぱり、スウェーデン、フィンランド、ノルウェーとともに音楽のスタイルがあって、今日に至ってるというわけです。

ファンの高齢化とインターネット時代におけるメタリカ (Metallica)とボン・ジョヴィ(Bon Jovi)のプロモーション戦略

20161229 メタルゴッドJP 2016より伊藤政則氏です。

1、メタリカ編

 ビッグネームだからこそ考えるプロモーション戦略を考えたいと思います。ロックファンのファン層が40代50代60代で逆ピラミッド状態になっているという現実があります。逆ピラミッド状態で、若い世代のファンが少なく、年齢を重ねたファンが多いという構図があるからこそ、ビッグネームがコンサートで精を出すという言い方もできるんだけれども、やはりそれだけではなく若いファンにも、あるいはバンドの存在を知っているファンでしばらくコンサートにも来ていないしCDも買ってないなぁというファンにも向いてもらいたいという戦略を、みんな考えるようになりました。例えば、メタリカはニューアルバム発表前から新曲をいろいろな細かい会場でやるようになって、ファンクラブの会員を集めて1000人とかそういう会場で演奏することによって新曲が出ることをきっちりとアピールしました。それでニューアルバム発表と同時に全曲のミュージッククリップが作られていて、カウントダウン形式でそれを発表していくという。こんなロックバンドはいませんよ。そしてメタリカがすごいのは、やっぱりベテランにもまだ耕すべき未来はあるということで二枚組。ラーズ・ウルリッヒ(Lars Ulrich)は言ってましたよ。タイム的にいうとギリギリ一枚に入る時間だけれども、あまりにも濃密な内容なので曲順をきっちりと決めて二枚組にして、ファンに一呼吸おいてもらって聞いてもらった方がいいと。そういう理由で二枚組にしたそうです。そういう所も考えているのがメタリカらしい。

2、ボン・ジョヴィ編

 一方、ボン・ジョヴィなんだけれども、メタリカもボン・ジョヴィもインターネットの時代ということをものすごく考えて、そして戦略の軸にしてます。ボン・ジョヴィはニューアルバム発表前に、全世界四カ所でライブ・リスニング・パーティーというイベントをやったんですよ。何かというと、ライブでニューアルバムの全曲を曲順通りに演奏するというライブをやったのね。そうすると、ファンの中には携帯電話で音をとったり、映像をとってアップロードする人もいるじゃない。それを「いいよ」「どうぞ」というスタンスをとって、アルバム発売前にニューアルバムの音がガンガン出てくることを気にしないようなプロモーションをして、なおかつニューアルバムが発表になると、一か月後に事前にやった四回のコンサートのロンドン公演の完全再現ライブのアルバムがライブアルバムとして出ると。もうこれは長い間ずっと考えられていた戦略じゃないですか。事前に全曲を公開するライブをやる→話題になってニューアルバムが出る→一か月後にはもうニューアルバムの完全再現ライブアルバムがでると、こういうベテランだからこそのものの考え方は、若いバンドはいいところを真似して、自分達にどんどん吸収していったらいいと思いますよ。これはベテランバンドが持っている危機感だと思うよ。何故かというと、若いロックファンにいっぱい聞いてもらいたいと。年配のファンはメタリカやボン・ジョヴィの新譜が出たら買おうかなというのはあるのかもしれないけれども、伝説が続いていくためには世代から世代にきっちりと渡していかなければならない。途切れるバンドはやっぱりダメなんだよ。きっちりと続いていくためにもそういうことをやっていかなければならないんですね。

マイケル・シェンカー・グループ(Michael Schenker Group)歴代ボーカリストで最高なのは誰か?

20161229 メタルゴッドJP 2016より伊藤政則氏です。

 マイケル・シェンカー・フェスト。東京公演は超満員札止め。こんなにマイケルと、歴代のマイケル・シェンカー・グループのボーカリスト三人が揃う公演を、こんなに多くのファンが楽しみにしていたんだと、会場を見渡してみてそっちの方にも感動しました。マイケル・シェンカーが1980年にマイケル・シェンカー・グループというバンドを立ち上げて成功するわけですよね。ここには歴代のボーカリストがいるわけですが、初代がゲイリー・バーデン(Gary Barden)、続いて元レインボー(Rainbow)のグラハム・ボネット(Graham Bonnet)、そしてロビン・マコーリー(Robin McAuley)。誰が人気があるとかは言いたくないんだけれども、オーディエンスの歓声に差があるんだよね。一番歌が上手いのはロビン・マコーリー。現役でラスベガスで仕事をやっているんで。でも人気はグラハム・ボネット。やっぱり、マイケル・シェンカー・グループとレインボー時代の二つの人気を背負っているので、他の人よりも人気の層が厚いという感じがするんだよね。でも、マイケル・シェンカーがいい曲を作ってこういうすばらしいボーカリスト達と歴史をはぐくんだ来たんだなぁと、歴代のボーカリスト達を見ながら、その当時自分がどんなことをやっていたのかを思い出しながらコンサートをご覧になっていた方も多いのではないでしょうか。
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ