音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

悲惨な幼少期を送った子は創造性が向上する説番外編 ポール・ウェラー(Paul Weller) 

金髪先生第61回 解説はドリアン助川氏です。

1、父に憧れる息子、息子を支える父

 ポール・ウエラーは1958年にロンドン郊外で生まれ、12歳のクリスマスにお父さんからギターをプレゼントされます。それで、14歳でもうロックスターを目指します。本人曰く、ミスターノーマルにはなりたくないと。普通の人生は送りたくないと、必ず10代はそんな事を考えますね。16歳で窓ふき職人としてお父さんと一緒に働きだします。このお父さんは昔ボクサーでした。ボクサーをやめた後はボディービルダー。このお父さんに対して、幼きポール・ウエラーはすごく憧れていました。余計な事はしゃべらないで、バーに行って酒を飲んでも乱れない。窓ふき職人をやっていたお父さんがポール・ウェラーに、やっぱり音楽の道に進むべきじゃないかと言うわけです。ポール・ウェラーも尊敬するお父さんから言われると、本気でなるぞと。これから本格的にミュージシャンの道に進むのですが、お父さんは、ジャム(The Jam)を結成してからずっと今までマネージャーなんです。ずっと影でポール・ウェラーを支えていたのはお父さんなんです。そして、挫けそうになった時は、お父さんがバーでビールを少しだけ飲んで毅然としている姿を思い出すそうです。

2、常に変化し続けるポール・ウェラー

 ジャムを結成するのが1973年で、ポール・ウェラーはザ・フー(The Who)のMy Generationでぶっ飛んでしまって、俺がやりたかったのはこういう音楽だってなりました。その後ジャムはモッズ系に入っていきますが、音楽はパンク色の強いビートの激しい曲をやります。1976年にはセックス・ピストルズの前座なんかもやって、お互いに認め合うバンドになっています。1982年にジャムを解散させますが、この時のセリフが「音楽的にも商業的にもグループとしてやれることはすべて成し遂げた」と。24歳で音楽的にも商業的にもすべて成し遂げた、もうやることはない、このままジャムをやり続けてもローリング・ストーンズになるだけだと。ジャムはジャムとしてやっていけるだろうけど、もうジャムの中からは新しいものは出てこない。ジャムとしてはもう成し遂げたけれども、ポール・ウェラーとしてはまた変化してやりたいことはあるんだということで、スタイル・カウンシル(The Style Council)を結成します。このバンドは日本ではわりとオシャレな、大人が聴く音楽ということで紹介されました。今までジャムによって作られてしまったイメージを壊すような自由な音楽をやりたいと。ただ、自由といっても方針はあります。ポール・ウェラーが言っているのは「現在のモータウンサウンド」。モータウンというと黒人の音楽ですね。リズム&ブルースであったりソウルであったり、それを現在にイギリス人の力によって復活させたい。このスタイル・カウンシルも1990年に解散です。もう2人でなすべきことはすべてやってしまったとは言っているのですが、後で言っているんですけれども、何をやっていいのか分からなくなってしまったと。このスタイル・カウンシルを解散させたとき、もう音楽をやめようって思ったそうです。もう自分には何も出てこないと。解散からしばらくたってからはソロ時代です。

3、ポール・ウェラー言葉の変遷

 (1)、ジャム期

  ・ジャム時代の若かりし頃にこんなことを言ってます。

   「俺が音楽をやるのは工場に行きたくないからだ。あとは女にもてたい。それ以外に何の理由もない。」

   それからこんなことも言っています。

   「二十歳を過ぎたらもうおしまいだ。」
 
 (2)、スタイル・カウンシル期

  ・少し年をとって、スタイル・カウンシルを始める頃です。

   「絶対的なスタイルなど存在しない。求めるものは絶対的な質。」

   それからこういう言葉。

   「俺は若くしてバンドを始めたから大勢の人たちの前で成長していかなければならなかった。普通の人であれば成長したねと喜ばれるところが、俺は成長したことで人から裏切り者呼ばわりをされた。」

   ジャムをやっていた頃は激しい音楽をやっていましたが、もうそれはいいやとやりきったつもりで、新しい音楽に行くわけです。ところが、ジャムを応援していた人たちは、ポール・ウェラーは裏切ったと。スタイルを変えやがってと。自分は音楽的に成長して、もう一歩行っただけなのに、人はそう思ってくれない。これが人前で成長していくことだと。「二十歳を超えたらおしまいだ」とか言っちゃってるわけですが、自分でも恥ずかしいと。ただ、18歳の頃の言動を後悔してしまうと18歳であったことそのものを後悔することになってしまう。なので後悔はしませんが、あんなことを言ってすまなかったと。

 (3)、ソロ期

  ・ソロに転じた頃は、「やることが全く分からなくなってしまった」ってどのインタビューでも言っているんですよ。ジャムの初期の頃のアルバムとかもう聞く気がしない、若い頃の音楽は聴きたくない、過去の事は恥ずかしいと。といいつつも、音楽をやめても他にやることはないし、俺は音楽をやるしかない人間だなとも言っているんです。そこで僕が一番好きな言葉なんですけれども、過去にとらわれないようにするべきだと。過去にとらわれると自分を見失ってしまうと。例えば、セックス・ピストルズは確かに一つのスタイルを作りましたけれども、みんな年取ってから再結成してライブをやりに来日したことがいいことだったのか。過去のイメージに縛られていると、いつまでたっても今の自分が見えてこない。今の自分って何なんだろうって模索することが、ずっと変化してきた彼の音楽人生だったのかなという気がします。

悲惨な幼少期を送った子は創造性が向上する説(9) ボブ・マーリー(Bob Marley)

金髪先生第97回 解説はドリアン助川氏です。

1、悲惨な幼少期を送った子は創造性が向上する説

 ボブ・マーリーは、1945年にジャマイカ、セント・アン教区のナイン・マイルズで生まれました。ボブ・マーリーのお父さんは白人です。当時はまだジャマイカは独立していません。最初にジャマイカを植民地にしてしまったのはスペインです。その後、イギリスの植民地です。そのイギリス陸軍大尉の白人のお父さんと、黒人であるジャマイカ人のお母さんから生まれました。しかもお父さんは、独身で50を超えていました。しかし、お母さんはまだ18歳。さらにこの後、お父さんは亡くなってしまいます。お母さんとボブ・マーリーはなんとか生活しないと苦しわけです。ボブ・マーリーが12歳の時に、ついにお母さんと二人で、キングストンに出ないと人生が開けないということで、ジャマイカの首都キングストンのスラム街トレンチタウンで暮らし始めます。トレンチというのは、下水溝という意味です。犯罪、貧困、不衛生が渦巻く場所です。しかももっといけなかったことは、ボブ・マーリーは白人のお父さんを持っていたので、トレンチタウンの中でさえ、差別され孤立していました。このころ、同い年の子どもたち、あるいは近い年齢の子どもたちとそれなりに親しくなっていきます。この時に、後にウェイラーズ (The Wailers)に入るバニー・ウェイラー(Bunny Wailer)やピーター・トッシュ(Peter Tosh)と知り合いになります。ジョー・ヒッグス(Joe Higgs)という人が、トレンチタウンの子どもたちのために、青空音楽教室を開きます。コーラスの仕方だとか、リズムの取り方だとか、そういうことを楽しく、厳しく教えている親父がいました。みんなやることがないから、あの親父のもとに集まって、ずっと参加していました。やがて、音楽やりたいと。トレンチタウンからのし上がっていくためには、音楽しかないんです。そこで、母親を説得するわけです。しかし、お母さんはダメですと。音楽なんかで食べれるわけがないでしょうって。お母さんの生活を助けなければならないので、ボブ・マーリーは昼間は製鉄の工場で溶接の仕事をやっていました。その時に飛び散った鉄片が目に入ってしまい、角膜を傷つけただけで終わったんだけれども、失明するんじゃないかという危機に遭遇します。その時に、ボブ・マーリーは、俺は今この仕事をやってたんじゃダメだ、音楽やりたいなら音楽に本腰を入れなきゃだめだと決意を固めました。

2、レゲエとラスタ主義

 今はレゲエって当たり前に言っていますが、最初からジャマイカの人たちがレゲエをやっていたわけではありません。最初は、カルプソです。レゲエというのが、俺たちのリズムなんだといってやり始めたのは、キングストンのトレンチタウン周辺が発祥地です。あれだけ世界を席巻したレゲエが、ジャマイカという小国から発信されたのならまだしも、そのジャマイカの中でもうんと小さなエリアから生まれたわけです。レゲエは一時、ザ・クラッシュ(The Clash)などが取り入れて、パンクと結びついた時代がありました。同じく、レゲエをやっている連中を、ジャマイカの一般民衆が嫌った時代もあったわけです。イギリスにおけるパンクと一緒で、一般の良識ある大衆は分からなかった、そういう時代もあるわけです。ラスタ主義というのは、エチオピアの王様ハイレ・セラシエ1世という王様こそが地上にあらわれた神だと。イエス・キリストって何故か白人じゃないですか。でも、本当の神様は黒人であるということがラスタ主義の根本ですね。いうなれば、アフリカに戻ろうと。我々は連れてこられてしまったけれども、アフリカに戻ろうというアフリカ回帰主義です。その象徴が、エチオピアのハイレ・セラシエ1世というわけですね。だから、エチオピア国旗の三色カラーが、ラスタカラーということになるわけです。このハイレ・セラシエ1世の言葉の中で、ボブ・マーリーが大好きな言葉があって、「民族に優劣をつける哲学が、究極的に不信を抱かれ放棄されるまで、戦争は続く」。民族がどちらが秀でてるとか言ってる間は、永遠に戦争は続くって言っているんですね。これが、1970年代のパンクと一緒で、支持されますが、攻撃もされます。

悲惨な幼少期を送った子は創造性が向上する説(8) バーブラ・ストライサンド(Barbra Streisand) 

金髪先生第96回 解説はドリアン助川氏です。

 1942年、ニューヨークのブルックリンで生まれました。ユダヤ人の家庭です。ユダヤ人は戦争中にドイツ軍によって600万人が虐殺されたという、西洋社会においてはユダヤ人に対する根っからの差別というものがいまだにあります。生まれた次の年の1943年にお父さんが死んでしまいます。そして、お母さんとともにニューヨークの貧民街で生きていきます。アパートの6階に部屋があったらしいのですが、エレベーターなんかありません。階段で上がっていきます。1949年、母親が再婚します。新しいお父さんが来ましたが、バーブラ・ストライサンドに辛くあたりました。自分にも娘がいたのですけれども、その子と比べるとお前はブスだ、ひどい顔してると毎日のように言ったわけです。まだ彼女は7歳です。彼女はどんな気持ちだったのだろうかと思いますが、ただ自分でも言っているんですけれども、結構気は強かったみたいです。ひとりでお風呂場で化粧して演技の真似をしたり、女優さんごっごしたりと。ただ、お母さんはそれが嫌で嫌でしょうがなかった。あなたみたいなブサイクな子が女優になれるわけないだろうっていうわけです。ある日お母さんがヒステリーを起こして叩いてしまった。叩かれたバーブラ・ストライサンドは、手が耳にあたってしまったので、鼓膜が破れた演技をしました。その演技を見て、腰を抜かしてしまってあたふたあたふたしたお母さんをみて、あたし演技力あるかもしれないってことで、女優として開眼しました。彼女の青春を貫くのはコンプレックスです。



ダリル・ホール&ジョン・オーツ(Daryl Hall & John Oates)に学ぶ、人間関係を長続きさせるためのコツ

金髪先生第87回 解説はドリアン助川氏です。

1、出会い

 1967年、二人はまったく別個であるダンスパーティーに行きました。そこで一人の黒人青年が不良に絡まれて、キレてしまって、ダンスパーティーの中で銃を発射してしまいました。客はみんな逃げたわけですが、貨物用のエレベーターに逃げたのがホールとオーツでした。お互いの名前は知っていましたが、会ったことはありませんでした。それが偶然銃の暴発をきっかけにエレベーターに逃げ込んで、そこで話をして意気投合をしたわけです。これがホール&オーツの始まりなんです。フィラデルフィアのバーなどでフォークデュオとして活動を始めます。後に、どちらかというとあまり白人がやらないようなソウル系の音楽を取り入れて、後に彼らはソウルポップとかソウルロックとか呼ばれるジャンルを二人で築いていくわけです。

2、ミュージシャンにはなぜゲイが多いのか

 ホール&オーツはなぜあんなに女の子に好かれたのか。楽曲の秘密なんですけれども、確かに表に出てくるのはダリル・ホール&ジョン・オーツと彼らのバンドですけれども、曲を作る時、楽曲の構成を決めるときに、必ず女の人を入れるんです。男だけの感性ではだめだということで。だから、ゲイの人の曲はいい曲が多いんです。楽曲を作る上で同性愛的な視点は必要であると、彼らは言っています。男にもならなければならないし、女にもならなければならない。その部分の柔軟さが必要なんです。

3、人間関係を長続きさせるためのコツ

 1970年から結成して今年で28年目ですよ。男二人で。いつの時代でもみんな悩むことが人間関係ですね。ホール&オーツはいろいろなインタビューに答えていますが、向こうのインタビュアーは辛らつですから、ひどい事も言うわけです。「ホール&オーツって言うけれども、やってるのはホールばかりじゃない。ジョン・オーツはいて役に立つことがあるわけ。」って言うわけです。この時に怒らずに言う事は、

 (1)、二人はお互いにないものをカバーしあう

  ・例えば、ダリル・ホールはすごく短気だけど、ジョン・オーツはそれに対して待てと言えるということです。

 (2)、将来のことを考えない

  ・今日一日全力だしたのかしか考えない。三年後何やっているのか、十年後の自分とか、そういう洒落臭いことは考えない。考えたって当たるはずないんだから。

 (3)、別居を恐れない

  ・コンビが大切だからこそ、一人の時間を大切にする。

 この三つでホール&オーツは28年一緒にやってきたわけです。


悲惨な幼少期を送った子は創造性が向上する説(7) シネイド・オコナー(Sinead O'Connor)

金髪先生第86回 解説はドリアン助川氏です。

1、悲惨な幼少期

 1967年にアイルランドのダブリンで生まれます。アイルランドは非常にカトリックの厳格な国で、法律で離婚が認められておりません。中絶もアウトです。シネイド・オコナーの両親は、離婚が許されるならすぐにでも離婚したいという仲の悪い夫婦でした。彼女は幼い時から両親の争いごとばかり見て育って、9歳くらいから手の付けられない不良少女になってしまいました。万引き、偽の募金で9歳から13歳の間に、9回警察に捕まっています。ついに1981年の14歳の時に、更生施設に入れられてしまいます。1年半いて、1983年に更生施設を釈放されます。

 cf.アイルランドでは、憲法で離婚が禁じられていたが、1995年国民投票により改正案が通り、1997年に建国以来初めて離婚が認められた。

2、音楽との出会い

 今度はダブリンから300キロ離れたウォーターフォードという町の寄宿学校に入ります。ここで彼女にギターを教えてくれた女の先生との出会いがありました。この女の先生が結婚することになって、結婚式にあなた歌ってくれないって言われました。この結婚式でギターを弾いたら、その先生のお兄さんがバンドマンで結婚式に参列していました。このお兄さんはU2とのつながりのあるIn Tua Nuaというバンドのメンバーでした。歌声いいねぇ、俺たちこんな曲があるんだけれども歌詞を作ってくれないか、もしよかったら俺たちと一緒にやろうよと誘って、シネイド・オコナーは初めてやる気になって、その歌詞をつけた曲がTake My Handという曲なんですけれども、この曲をIn Tua Nuaが歌って、アイルランドチャートで割と上位にいきました。



3、激しいデビュー時代

 結局シネイドは、寄宿学校を脱走してしまいます。ダブリンのパブとかでギターを抱えて歌を歌い始めました。また、1985年にお母さんが交通事故で死んでしまいます。この段階で18歳です。彼女はこれもショックで、ロンドンに移住して音楽活動をやるようになりました。ここで後のデビューアルバムとなる「The Lion and the Cobra」というパンク調のきつい歌詞がちりばめられたものすごく激しいアルバムなんですけれども、このアルバムの制作を始めました。しかしこの制作過程で、1ヶ月半しか付き合っていないドラマーの人と子どもを作ってしまいます。1987年にデビューアルバムを発表しますが、このレーベルが彼女の出産を待っている間に財政難に陥ってしまいました。彼女はこのレーベルに残ったんですけれども、「頼む、今まで君のイメージはあまりにひどすぎた。頼む、シネイド。これからお金はないけど君を支えていくから、お願いだからもうちょっと女の子らしくしてくれ」って言われます。彼女は、「わかりました」と言って美容院に行って坊主にして帰ってきました。本人は、坊主にした方が女っぽくなると思ったからと言っているのですが、もちろん反発心もあってのことでしょう。



4、優しい歌を歌うようになる

 1990年に「I Do Not Want What I Haven't Got」というアルバムを出します。このアルバムではじめて優しい歌を歌い始めました。この人は今まで自分の人生の中で幸せだと思えた一瞬がなかった、幼い時から幸せと感じた時が一回もなかったと言っています。しかし、子どもができて、一度別れた夫も帰ってきて、初めて家族ができました。こんなことを彼女は言っています。「いかなる出来事も決して私を変えることはないってそう思っていたのに、子どもができたことと旦那が戻ってきたことで変わってしまった」と。



5、ボブ・ディラン(Bob Dylan)30周年コンサートでのブーイング

 アイルランドというのはカトリックの国で、カトリックというのは離婚はおろか中絶ができません。ある少女がレイプされて妊娠してしまった。おろしたいけどカトリックの国だからそれはいけないということで、中絶できませんでした。それを許さなかったのがカトリックの頂点にいるローマ法王だということで、アメリカの番組サタデーナイトライブで、ライブゲストに出たときに、ローマ法王の写真をビリビリに裂きました。キリスト教国家の中で、大変なことです。ボブ・ディランの30周年コンサートの時に、ゲストで出ていました。出た瞬間に客席から大ブーイングで、彼女は一曲歌いきって泣きながら去っていきました。


 cf.少女の中絶は、高等裁判所の判決により否決されたが、その後すぐに最高裁により特例としてイギリスで中絶することが認められた。

6、悲惨な幼少期を送った子は創造性が向上する説

 彼女が本当に何不自由なく、ある程度の愛情を受けて、なんでもほしいものは買ってもらえて、そういう状況で15、16歳まで生きてきたとしたら、彼女のタフさ、命と引き換えにやるアーティスト魂というのはなかったかもしれません。人間は何があったからこうなってという単純なものではないと思いますが、間違いなく彼女の苦労が彼女の表現を作っている所があると思いますね。
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ